Skip to content

五輪ボクシング総まとめPART3(選手編・後半)

2012年12月14日

前半の続きです

ウェルター級

セリク・サピエフ(カザフスタン):世界選手権で金2、銀1、銅1。そして五輪金メダル。まさにアマの頂点を極めたと言える28才。今大会ではMVPに該当するヴァル・バーカー・トロフィー(Wikipedia)を獲得し大会の顔となった。日本代表の鈴木を二回戦で圧倒している。サウスポースタイルから叩きつけられる重く固い左はどんな一流ボクサーにとっても脅威だろう。カザフボクシングの象徴とも言える存在だ。

ミドル級

村田諒太(日 本):やはりこの男は外せない。日本人がミドル級で五輪金を獲る。頬をつねりたくなってしまうほどの偉業を成し遂げた怪物だ。昨年銀、今年金という成績は フロックではありえない。アマらしからぬ重いボディーブローを主武器にしたインファイトによってあらゆる強豪を後半ヘロヘロにしてみせた(決勝だけは自分 が疲れてしまったが)。プロ転向はなさそうだがいちファンとしてはやはり見てみたい。想像してごらん、村田vsマラビジャ、チャベジュニ、ゴロフキン、ピ ログ……。

エスキーバ・ファルカオ(ブラジル):村田を大いに苦しめ金メダルまであと 一歩に迫った22才。去年の世界選手権では村田のパワーの前に完敗を喫したが、一年を経てあらゆる能力を向上させ目を見張る力を身につけた。スピード、カ ウンターテク、パンチの多彩さでは本大会ミドル級ナンバーワンと言えるだろう。プロとしても大変な可能性を秘めているが、ブラジルの協会としては何が何で もリオ五輪までとっておきたい手駒だ。実の兄もライトヘビーで銅を獲り兄弟同時メダリストとなった。

テレル・ガウシャ(ア メリカ):最悪の成績となった米国男子の中ではかなり優れたパフォーマンスを見せた。一回戦、五輪では滅多に見られない完全ノックアウトで鮮烈に存在をア ピール。二回戦ではシン(インド)に1ポイント差で敗れたが、判定がおかしかったとする声はかなり強い。そのシンも次でアトエフに敗れたがこれまた非常に 怪しい判定であった。三段論法ではアトエフより強いかもと思わせる。この男とぶつからなかったのは村田にとって幸運だったのかもしれない。プロでの活躍を 見守りたい。

アンソニー・オゴゴ(イギリス):ナイジェリア人の父を持ち、モデルとし ても活動するイギリスの若きスター候補。二回戦、優勝候補のキトロフ(ウクライナ)戦で一世一代の熱すぎるファイトを繰り広げ大番狂わせを実現。判定には 異論もあったが試合の面白さでは今大会屈指だった。まだまだ技術的に未熟なれど魂のこもったインファイトは魅力たっぷりだ。

ライトヘビー級

イゴール・メコンチェフ(ロシア):絶対に殴られたくない丸太のような腕を持つ今大会屈指の豪腕パンチャー。アマボクでこんなのありかと言いたくなる痛々しいパンチを放つ。このような選手が金メダルをとってしまうロシアンボクシングのレベルの高さには戦慄を禁じ得ない。

ダミアン・フーパー(オー ストラリア):ユース五輪で金を獲得した豪州随一のホープ。ロンドンではメコンチェフに屈したがまだ20才。その力強いボクシングには大きな可能性が溢れ ている。なお彼の今大会でのとある行動が穏やかならぬ議論を呼ぶことになった。五輪の精神にも関わるその件に関してはまた改めて記事を書く予定。

ヘビー級

オレクサンドル・ウシク(ウクライナ):アレクサンドルではない。オレクサンドルである。サウスポーの長身から撃ち落される左が主武器のクリチコっぽいボクサー。しかしあの兄弟に比べると流石に色々と物足りないか。変な判定が乱発されたこともあって今大会のヘビー級は低調だった。

スーパーヘビー級

アンソニー・ジョシュア(イ ギリス):英国にあのオードリー・ハリソン以来となる(と書くと不吉だが)最重量級金メダルをもたらした22歳の若武者だ。198センチの長身から機敏で 力強いパンチを打ち込むスタイルは魅力たっぷり。特に左ジャブの威力は「ジャブではなくストレートォ!」という陳腐な台詞をそのまま使いたくなってしま う。ボクシング歴はわずか4年。次世代の英国、欧州、ひいては世界のヘビーを引っ張っていく、そんな夢を見たくなる。しかし今のところすぐにプロ転向する つもりはないらしい……?

エリスランディ・サボン(キューバ):今大会の裏番長。一回 戦でジョシュアに敗れたがこれは地元判定だともっぱらの評判だ。その後ジョシュアがサボン戦以上の苦戦を経験しなかったことを考えると、実はこの男こそが 現役最強のスーパーヘビーなのかもしれない。それもそのはず、なんとあの伝説の男フェリックス・サボン(五輪三連覇、世界選手権六連覇。誤字ではない)の 甥っ子なのだ。亡命しなければリオでの金メダルは決まったも同然ではなかろうか。でも亡命して欲しい……。

イヴァン・ディチコ(カ ザフスタン):デカァァァァァァァァイ!!説明不要!! 205センチの体躯を誇るカザフの大巨人。このサイズで決して鈍くないまともなフットワークとコ ンビネーションを操るさまは悪い夢を見ているかのようだ。ジョシュアとは接戦だったが最終回で鼻を潰され明白に敗れた。英語圏のフォーラムではロッキー4 のあいつの名前で呼ばれていた。

女子

ケイティ・テイラー(アイルランド):ライト級金。開会式でアイルランド代表の旗手を務めた国民的スーパースター。決勝戦では屋外パブリックビューに無数の群衆が押し寄せ、全てのパブが満員になりテレビも記録的視聴率を残したという。ボクサーとしては丁寧で基本に忠実なスタイル。

クラレッサ・シールズ(ア メリカ):ミドル級。アメリカ唯一の金をもぎ取った17才(!)。女子の域を超えた、恐ろしく速く痛いパンチを放つ。しかも積極性も飛び抜けていて観客を 決して退屈させないナチュラルボーンファイターだ。今後女子ボクシングの未来を担っていくことは間違いないと言えよう。

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。