Skip to content

世界のTwitterから ~ボクシング界が見た大統領選~

2012年12月15日

アメリカ合衆国大統領選挙は、苦戦を予想された現職のバラク・オバマ氏がなんだかんだで明白な差をつけて勝利した。四年に一度のこの選挙、アメリカ 人にとっては自分たちの将来を左右する大きな政治イベントであると同時に国中がなんだかハイテンションになるお祭りシーズンでもある。そこでボクシング界 から大統領選に絡んだツイートを幾つかピックアップしてみた。

 

マイク・タイソン

「必ず投票してくれ。そして自分が信じる物のために立ち上がってくれ。俺達の先祖は俺達のために戦った。その事を真剣に受け止めて欲しい」

「投票日にはお前の声を聞かせてやるんだ」

 

フレディー・ローチ

「投票用紙にはマニー・パッキャオって書いたよ。彼が勝ったらもっと長くアメリカにいてくれるからね!」

 

エディ・チェンバース

「今日は投票日だ……。オバマに投票しろ!」

 

ボブ・アラム(偽者)

「チャベスJr.は高地トレーニングのためコロラド州にトレーニングキャンプを移すことに決定した」

(※訳注 大統領選と同時にコロラド州で行われた州民投票により、同州でマリファナが合法化されることが決まった)

 

マックス・ケラーマン(HBO実況アナウンサー)

「オバマとロムニーのディベート三連戦のスコアは、初戦118-110でロムニー、残りの二戦は116-112でオバマだね」

 

ダグラス・フィッシャー(Ring誌記者)

「もし僕がボクシング界の大統領を選ぶなら日本の帝拳プロモーションのボスであるMr.ホンダだね。彼のスローガンは『ドラマは不要』だ」

「ホンダは誰とでもうまく付き合うんだ。他のプロモーター、マネージャー、コミッション、そして認定団体ともね。だから彼が大統領にふさわしい」

 

スティーブ・キム(Maxboxing.com記者)

「今日の選挙でどちらが勝とうと、党派を超えた協力が必要だ。民主党と共和党の? 違う違う。トップランクとGBPのだよ……」

「私が当選したら、GBP興行のチケットを値下げすること、トップランク興行のアンダーカードを充実させること、そして(プロモーターが宣伝文句に使う名ばかりの)『重要な試合』を廃止することを公約します!」

 

ダン・ラファエル(ESPN記者)

「ロムニーに敬意を払おう。彼は敗北宣言の中でつま先の負傷について言い訳をしていない」

「オバマの勝利者インタビューが始まったが、まだクリチコと戦いたいとは言っていない」

広告

From → コラム

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。