Skip to content

悪魔王子は継承されるか:イエメンよりの使者 キッド・ガラハドとカリド・ヤファイ

2012年12月15日

イエメン共和国。アラビア半島の南岸に位置するこのイスラム国の名前をスポーツ界で耳にすることは稀だ。しかしこの国はある1人の、決して忘れることの出来ないボクサーを世に送り出した。“悪魔王子<プリンス>”ナジーム・ハメド。 奇想天外なスタイルとパフォーマンスで一世を風靡したこの男は、生まれ育ちは英国ながらイエメン人の両親から生まれ祖国のスターとなったのだ。しかしハメ ドは道半ばにしてリングからフェードアウトし、彼以降イエメンからも中東のどの国からもプロボクシングのスタープレイヤーは現れていない。

だが今、二人の男が悪魔王子の跡を継ごうとレコードを伸ばしている。

 

プロキャリアで先行しているのはスーパーバンタム級のキッド・ガラハドだ。13戦全勝6KO、すでにWBCインターナショナル王座も手にしている22歳の若武者は本名をAbdul Barry Awadといい、リングネームはエルビス・プレスリー主演の同名ボクシング映画から取っている。イエメン人の両親からカタールで生まれイギリスに移住した彼は、かつてハメドにそのスタイルを授けたブレンダン・イングルに教えを請うた。まさにハメドの後継者を名乗るにふさわしい環境を手に入れたわけだ。

KO 率が5割を切っていることからもわかるように、彼にはハメドが持っていた強烈なパンチ力はない。しかし倒し方のコツを覚えたのか、ここ5試合では相手の質 が上がっているにも関わらず4KOをマークしている。若さから見ても彼が英国レベルを大きく超えるのを見るのはそれほど先ではないかもしれない。


Kid Galahad vs ivan ruiz morote

 

もう一人はカリド・ヤファイ。北京五輪出場、EU選手権銀メダルなど、アマでの実績はこちらが上だ。二度目の五輪出場を逃し今年7月にプロデビューしたあと、早くも6勝5KOをマークしている。豊富なアマキャリアと確かなプロ適性故にイギリス最高のホープの1人とも目される23歳だ。

そのファイトスタイルは手数が非常に多く攻撃的で、特にボディーブローに必殺の威力がある。まだまだキャリアの初期段階で試されていない部分も多いが、技術的な水準はかなりのもの。期待の大きさもうなずける。


Kal Yafai vs Jorge Perez Coke

 

ガ ラハドとヤファイのボクシングには幾つかの共通項がある。両者とも決してハメドのコピースタイルではないということ。ワンパンチフィニッシャーではない が、攻撃的で自ら攻めて行くタイプであるということ。動きが滑らかで淀みなく連打が出るということ。ハメドも合わせて考えると、イエメン人は体の柔らかさ とバネに特徴があるのだろうか。

 

それにしてもイギリスにおける移民ボクサーの活況には驚かされる。それもそのはず、最 新の国勢調査において首都ロンドンにおける英国白人の比率はなんと45%にすぎず、10年前の58%から激減していることが明らかになったのだ。イングラ ンドとウェールズ全域でも英国白人の比率は10年前の87%から80%に落ち込んでいる。なるほどリングの中においても移民の星が増えていくのは必然なわ けだ。そのうちアジア系のスターボクサーが近代ボクシング発祥の地から生まれるかもしれない。

 

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。