Skip to content

プエルトリコの希望:フェリックス・ヴェルデホ

2013年4月18日

プエルトリコが危機に貧している。政治とか経済の話ではない。ボクシングの話だ。

ミゲール・コットは二連敗を喫しキャリアの最終盤に差し掛かった。次期スター最有力だったファンマが派手に転んだ。唯一の現役世界王者であるローマン・マルティネスは試合の度に薄氷防衛を重ねており、とてもスターにはなれそうもない。一方でガブリエル・ロサドやホルヘ・メレンデスのような力のあるランカーは健在だし、このブログでも取り上げたジョナサン・“ボンバ”ゴンザレス(過去記事)やアローヨ・ブラザーズ、トマス・ドゥロルメのような活きの良い新鋭もいる。しかし、足りない。致命的なまでに駒が足りない。

プエルトリコはアメリカ合衆国の自治領という微妙な立場に置かれているカリブの島国だ。人口370万人という小国ながらこの国はボクシング界に数えきれないほどのまばゆいスターを送り出してきた。世界戦17連続KO防衛のウィルフレド・ゴメス、史上最年少世界王者のウィルフレド・ベニテス、三階級制覇という肩書き以上のスーパーヒーロー フェリックス・トリニダードetcetc……。

そんなプエルトリコにとって並のホープはホープではない。ボクシングをこよなく愛するボリクァ(プエルトリコ人のこと)はスペシャルなニュースター誕生を必要としている。今すぐ必要としている。

i_c0f8ba73ed37e468cd1066560164dbd8F.Verdejo-10ここに一人の男がいる。その名もフェリックス・ヴェルデホ(Felix Verdejo)。今やカリブの島国の期待を一心に背負うプロスペクト中のプロスペクトである。スーパーフェザー級5勝4KO。

1993年生まれの本名フェリックス・ヴェルデホ・サンチェスはロンドン五輪に出場、そこで19歳にしてスターの器を示す。三回戦でアマPFPとも称される最強男ヴァシル・ロマチェンコに敗れるが、この時点ではそれもやむなしと評価は落ちず、将来プロで再戦すればリベンジも可能だと目された。

トップランクと契約し昨年12月にプロデビュー。この時の相手が妙に強く判定まで粘られたが(もちろん内容は完勝)、以降は立ちふさがる相手4人全てをあっさりと沈め続ける。その華々しさたるや輝ける才能のショーケースを並べるが如しであり、今やヴェルデホの評価上昇は留まるところを知らない。

↑プロ二戦目。器の違いを見せつける秒殺劇。

↓五戦目。コンビネーションの鋭さと正確さに注目。

解説のティモシー・ブラッドリーも「この少年はセンセーショナルだ。彼は全てを備えている」と舌を巻く。その通り彼には一流のボクサーに要求されるほとんど全てが備わっている。切れ味鋭いパンチ力、多彩なコンビネーション、スピード、正確さ、目の良さ、足腰のバランス、そして闘争本能。試されていないのはやはりスタミナとタフネスだが、それは全ての新人に共通して言えることだ。よほどのグラスジョーでない限りスターへの道は約束されたも同然に思える。

事実母国における彼の人気は他の若手を圧倒しつつあるという。各種動画サイトにおける彼の動画のアクセス数は19歳の新人の水準ではない。見ればわかる才能の輝きがそこにはあるからだ。

「僕は自分かベストかどうかなんて言わない。僕はベストであろうと努力する。そして他の人が判断すればいい」

フェリックスが初めてグラブをはめたのは9歳の時だった。それから10年、彼の名声は徐々に母国を超えてとどろきつつある。周囲の人々はフェリックスの飽くなき向上心と努力を称え、「彼はまるでボクシングと結婚しているかのようだ」と称賛する。新しい伝説が生まれる日は近い。

参考:Boxrec

広告
2件のコメント
  1. KOKO permalink

    プエルトリコにスター選手がいないのは寂しくもあります。コットは引退近いでしょうし、ファンマは完全に2列目に落ちましたし、カーンよりトップ戦線に返り咲くことは難しいと思います。S・フェザーでやっていくようなことを言っているし、普段の写真みても節制が出来ない選手なんでしょう。
    フェリックスって『幸運な』って意味でしたっけ?ルックスも万人に愛されそうな風貌。この強さ、「比べるな」と怒られるかもしれませんが、ホープ具合は日本の井上とかぶりますね。年齢も同じかな?若いですね、しかし。結局オリンピアンにすらなれなかった井上と比べちゃ失礼でしょうか。
    にしてもS・フェザーですか・・・こりゃ内山にとって強敵現るですね。気が早いですが(笑)いづれ統一戦で両者が戦うのを楽しみに待ちます。

    • Felixはラテン語で「幸福」「幸運」という意味ですね。ヨーロッパ各地によくある名前です。
      井上にしろヴェルデホにしろアマの時からプロ仕様でやっていたので、むしろ五輪に出れない方が自然なことだったと思います。井上が五輪に出れなかったから評価を下げようとは思いません。とはいえこのヴェルデホは五輪で2勝しているわけで、その分期待は高まりますね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。