Skip to content

ダニー・ガルシアvsルーカス・マティセー ついに決定!!

2013年7月19日

box_g_garcia_matthysse_b1_576

フロイド・メイウェザーvsサウル・アルバレスは史上最大級のイベントになるだろうと言われている。事実MGMグランドガーデンの2万席近いチケットは一日で蒸発し、その売上は1950万ドルというアメリカ史上最高額を記録した。全米9都市とメキシコシティで行われたプレスツアーも各地に万単位のファンを動員し、桁外れの期待値をひしひしと感じさせた。そして今、このメガイベントは更に上を行くギガイベントになろうとしている。

140ポンドの頂上決戦、ダニー・ガルシアとルーカス・マティセーとの激突がアンダーカードに決定したのだ。

言うまでもなくこれは単独でもPPVのメインを張りうるだけの強烈な一戦だ。共に魅惑のKOパンチを持ち、フレッシュで勢いに溢れ、何より強い。トップ戦線に浮上したのは両者とも比較的最近ながら、その戦歴の豪華さは並外れている。試合はガルシアが持つWBA/WBC王座にWBC暫定王者マティセーが挑むという構図になるが、この二人の対決にそんな肩書きはおまけでしかない。誰もが認める真の最強が決まるというその事実だけでもう充分だろう。もちろん、この試合の勝者がメイウェザーの次期対戦相手候補として挙げられることは間違いないという意味でも興味は尽きない。

4月にガルシアがジュダーを下し、5月にマティセーがピーターソンを粉砕した時点でこの対決は不可避とみなされていた。特にガルシアにかけられていたプレッシャーは相当のもので、彼がTwitterで何かつぶやくたび、その内容に関わりなく「早くマティセーとやれ」「いつサインするんだ?」などと怒涛のリプライ豪雨を浴びていたほど。それから約二ヶ月、ついに来るべき時が来た。

驚きなのはこの試合のためにニューヨーク、ロサンゼルス、プエルトリコの3ヶ所でプレスツアーが開催されるということ。一アンダーカードがそれ単独のプレスツアーを開くなど異例中の異例で、この一戦にかけるGBPの並々ならぬ意気込みまでも伝わってくる。またメイカネロの前座という舞台に決まったのは、自身のビッグマッチを最高のイベントに昇華させたいメイウェザーの強い意向が働いていたためでもあるらしい。

GBPのCEOであるリチャード・シェーファーは、この興行のPPV売上が歴代記録を塗り替える可能性も大いにあると見ている。過去最高はメイウェザーvsデラホーヤの252万件。メイカネロの絶大な前人気に、マニアをうならせるガルシアマティセーが加わればこれを超えるチャンスは確かに大きい。ちなみにメイvsデラのセミはロッキー・フアレスvsホセ・エルナンデス。これはちょっと比べ物にもならない。

とにかく史上最上級のワンツーパンチとなったこの興行、期待に違わぬ火花が散ってくれればボクシングファンにとって一生忘れられない一日になりそうだ。

なお当日のPPVでは他に2試合のアンダーカードを予定しているとのこと。まだ噂段階であるが、オースティン・トラウトvsエリスランディ・ララ、イシェイ・スミスvsカルロス・モリナというスーパーウェルター級の実力者対決2つが組まれるのではと報じられている。こちらの正式発表も楽しみに待ちたい。

広告

From → ニュース

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。