Skip to content

ついに、ついにメイウェザーvsパッキャオ決定

2015年2月21日
MayweatherPromo_2015-Feb-20.0

Signed, sealed, delivered.

5年以上にもわたってファンを待たせ続けた「あの試合」が、ついに、とうとう本当に正式発表された。フロイド・メイウェザーvsマニー・パッキャオ。2015年5月2日、米ネバダ州ラスベガス、MGMグランドガーデンアリーナ。現在のボクシング界が提供しうる最大の、そして歴史的に見ても屈指の、超ウルトラスーパービッグマッチがホントの本当に実現する。まあもちろん「5年遅い。もう興味ない」とか言うのは自由だが、どうでもいい。今朝目が覚めてすぐに、予感と期待を胸にTwitterをチェックしたまさにその瞬間に第一報が飛び込んできた。その瞬間の心音の高鳴りと歓びは僕の本心そのものだ。前回の記事から一ヶ月近くが経過して、予想の期日を大幅に超過しているので「だから言ったでしょ?」とは言い難い。でもはっきり言って、今回に関してはどんなにネガティブな情報が流れても僕は悲観論を流したことはなかった。願掛けではなく、それだけの自信があった。それでもやっぱり決定を知った瞬間、開放感と共に僕は心のどこかで不安を抱えていたことを自覚した。そんな不安ももう必要ない。終わったのだ。そして、始まったのだ。

Wu9yaQW

既報通り試合はHBOとShowtimeの「合同PPV」で行われる。レノックス・ルイスvsマイク・タイソン以来史上2度目の巨大な試みだ。Showtimeの親会社である全米地上波ネットワークCBSのCEOレスリー・ムーンベスが直接交渉に乗り込むなど異例尽くしの展開が繰り広げられ、長い長い時間を費やしながらもついにサインが結ばれた。リングアナウンスはマイケル・バッファーとジミー・レノンJr.が分担して担当し、実況解説も両局のオールスターが揃い踏みでこのウルトラビッグマッチに華を添える。PPVアンダーカードは2試合で、うち1試合はトップランク、1試合はメイウェザープロモーションが提供すると発表され、トップランクの1試合にはヴァシル・ロマチェンコが登場すると一部の記者が報じた。

空前の注目度ゆえに従来のPPV売上最高記録である250万件(デラホーヤvsメイウェザー)を超えるのは100万%確実で、300万件は通過点、400万件すら夢物語ではないとまで囁かれる。それほど強気の数字が噂される背景にはメイウェザーの事実上のボスであるアル・ヘイモンが、ほんの3日前CBSでのボクシング定期放送を電撃発表したという材料もある。要は地上波の電波を使って宣伝やり放題の切符を手にしたということであり、そのアピール効果は計り知れない。ファイトマネーは未公開だが両者合わせて2億ドルに達するものと見られており、メイウェザーがその60%、パッキャオが40%を受け取るとされる。これは言うまでもなくボクシング史上ぶっちぎりの最高額であるとともに、2015年の世界アスリート長者番付がメイとパックのワンツーフィニッシュになることを決定させる金額だ。

最初の公式アナウンスはメイウェザー自らによるこの投稿

最初の公式アナウンスはメイウェザー自らによるこの投稿

今はこれ以上あれこれ語るよりもしばらく余韻に浸っていたい。望むと望まざるとに関わらず、これからは膨大な情報が世界に溢れることになる。そして5月2日、日本時間3日の昼過ぎ、僕たちは歴史の目撃者になる。その試合内容もまた歴史的なものになることを祈りたい。

tumblr_inline_mwdprusJ9Z1qa3nyx

広告

From → ニュース

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。